SPRING OF FASHION
代表取締役

保坂 忠伸

私はファッションデザイナーを中心とした、ファッションに関わるクリエイターに発表の場を創り出したいという想いでSPRING OF FASHIONを創業しました。

ファッション業界に入るまでは、セレクトショップや百貨店等に置いてるブランドが、日本のブランドの殆どだと思っていました。しかし、実際に業界に入ってみると、お店に並んでいない素晴らしいブランドが数多くあることを知ります。

そんな素晴らしいブランドや、将来自分のブランドを持ちたいと思っているデザイナーのことを、もっと世の中に知ってもらいたい、初めは単にそう想っていました。

また活動していく中で、多くのブランドやデザイナーが活躍する世の中を、人々は望んでいるだろうかと疑問に思うこともありました。


しかしデザイナーが活躍する場を創り出す為に奔走する中で、ファッションの本質に気が付き、疑問がきえ、SPRING OF FASHIONはこれからの世の中にとって必要になると確信を持てるようになりました。


皆さん、お持ちのスマホはiPhoneの方が多いのではないでしょうか。友人が自分と同じiPhoneを持っていても、気にならないと思います。 また好きなスポーツのチームが友人と一緒だったら、話は盛り上がるし、一緒に応援に行こうという事にもなるかもしれません。

それでは、友人が自分と全く同じ服を着ていたらどうでしょうか。


多くの人はファッションを通じて人と一緒ではなく、自分らしくありたいと思っているはずです。

それなら、多くのブランドが活躍できる世の中というのは、人が本質的に望んでいることです。


またインターネットの普及を背景に、グローバル化は急速に進み、様々なものが陳腐化するようになりました。加えて、技術革新により人が行っていたことは、コンピュータに代替され、その勢いは今後増していくのは明白です。

そういった時代の変革に際し、‘ 人として ’ 、あるいは ‘ 自分らしさ ’ を見失ってしまうこともあるかもしれません。しかし、ファッションは自分らしさを見つけ出す最も身近な存在であり、最良の機会となります。

今後、自分らしくあることやアイデンティティーを確立させることは、より重要になってくるでしょうし、私はその時代に必要なのはファッションデザイナーだと考えています。

どれだけ技術革新が進んでも、クリエイションは人から生まれるもので、代替されるものではありません。

ファッションデザイナーが活躍することで、クリエイションを共創する、ヘアメイクアーティストやフォトグラファー、モデル、スタイリストにも必ず活躍の場が増えてくるはずです。

ファッションを通じて世界の人がより自分らしさを表現できるよう、そして多くのクリエイターが活躍できる場を創り出すことに尽力して参りたいと思います。

©2019 SPRING OF FASHION